旅行

【英語】入国審査でなにも質問されずに入国する方法【できない】

入国審査でなにも聞かれないために

始めての海外旅行は入国審査が怖くてビビっていた私。英語ができないので不安でいっぱい。でもね。いざ海外にいってみると入国審査でなにも質問されないんだ。

なので、日本のパスポートは世界最強だから質問されないものなんだ!!入国審査なんて都市伝説だったんだー楽勝だーなんて思っていました。

英語できなくても大丈夫だーーいえーいーー!!!

的な感じでそれからは海外旅行にいくようになりました。

でもよく海外に一緒にいく友人になんでいつもそんなにはやいの?ときかれ、始めて入国審査を私だけされていない状況を知る笑

なぜ私は入国審査でなにも質問されないのか行動を振り返ってみました。

ラフ過ぎない服装

かちっとした服だと怪しまれない!!笑

どの国でもお願いします!と日本語で元気にあいさつをする

審査官に英語は使わない。潔くこちらから日本語であいさつをする。

「こんにちは!よろしくお願いします!」と元気よく笑顔であいさつをする。

すると英語ができないことを察してくれる!!相手はジェスチャーで応答してくる(やさしい)!笑

指紋も写真撮影もオーケイオーケイ!真似っ子どんどんでいける!!笑

友人はたぶんはろー☆とか英語で話しにいってるので、審査員も英語で審査をするんだと思われる。

すぽんさーりんく

入国審査官の目をみて話す

人とお話するときは人の目をみて話しましょう☆これがあなどるべからず。

目をみながら両手で開いた世界最強のパスポートを提示され日本語であいさつをする。

ニホンゴ!!ハイ!OK!!って感じでいつも審査が終了しているものと思われます。

ありがたやーー。

英語ができないのに質問されたら最終手段

それは紙に和英した質問事項を書いて持っていくこと。

ワタシハエイゴガデキナイコレミテクダサイ

そんなやりとりをしている日本人おばあちゃんをみかけたことがある。

家族が書いてくれたんだといっていました。なるほどなと思いました。

入国審査は英語ができなくてもなんとかなる

海外旅行だったら審査も甘いらしいからきっと大丈夫!!

でもアメリカとヨーロッパは厳しいらしいので要注意。

いつか全世界で顔パスシステムになるといいなーー。